1. HOME
  2.   > 
  3. 社員紹介
  4.   > 
  5. 社員インタビュー

社員インタビュー

足場が解体され
完成した建物を見た時
大きな高揚感が
沸き上がった

H.F 千葉工業大学 建築都市環境学科
施工管理 建築部(2年目)
建築現場で施工管理をしています

社員写真

この会社を選んだ理由・決め手

昔からものづくりに興味があり、大学に進学後、建築を学ぶにつれて卒業後の進路について、自分の生まれ育った地で建築に携わる仕事をしたいと考えていました。長野の街の風土に調和した建築物を多く建築している当社でなら自分の街に貢献できる建築物を建築できると思いこの会社を選びました。

印象に残った仕事・理由

入社一年目に初めて担当した公民館の現場で最初に任された仕事は、工事写真の撮影及び整理の業務です。建築物が完成した後に目視で確認できない部分はとても多く、工事現場における施工が適正に行われ、既に仕上げに覆われ確認ができない部分の状態を確認する際に工事写真は使われます。ゆえに、撮り直しができないため事前に施工計画書を確認し撮影計画をたて写真を撮影することが大切です。着工から竣工までの流れの中で、1つの建築物を作り上げるためには多くの人の手が加わって建築されます。足場が解体され完成した建物を見たときには携わっていただいた業者の方々の顔が思い浮かんだことと同時に大きな高揚感が沸き上がったことを今もはっきりと覚えています。

仕事のやりがい

現在は一般住宅の現場を担当しています。建築物は限られた土地に決まったルールに沿って設計が行われます。住宅は、どのようにすれば人が暮らしやすくなるか考え設計を行うことが大切です。そのためには基本的な知識を付け常に新しい情報にはアンテナをたて暮らしについて考えなければなりません。入社当初はわからないことも多く、悩むこともありましたが、先輩方にアドバイスをもらいながら業者さんと打ち合わせをし工事を進めていく中で、自分のスキルに磨き無事に竣工を迎えたときに仕事に対する大きな達成感や、やりがいを感じました。

入社を考える人へのメッセージ

ページトップへ