1. HOME
  2.   > 
  3. 社員紹介
  4.   > 
  5. 社員インタビュー

社員インタビュー

工事を進めていく
うえで、日に日に形に
なっていくことが
嬉しい。

D.N 長野工業高等学校 土木科
施工管理 土木部(1年目)
入社10か月ですが、先輩社員と
一緒に現場管理を行っています。

社員写真

この会社を選んだ理由・決め手

最初は、自宅近くで当社が工事をしていて、すごいものを作っているのだと思い、自分もやってみたいなと興味を持ったのがきっかけです。
実は一度転職をしているのですが、前の会社は専門的な作業をしていた為、工事の完成までは見ることができませんでした。しかし自分はやっぱりすべての工程に関わりたいと思い、スキルアップのため工事の受注から完成まで関わることのできる北條組を選びました。今後は現場で実績を積んで、優良技術者になることが目標です。上司がそのための資料を見せてくれるなど、日々の仕事の中で自分の目標に繋がるサポートをしてもらえているのが嬉しいですね。また、仕事柄、もっと忙しくなるかと思いきや、上司や周りの先輩方の理解もあり、プライベートで行っている卓球チームのコーチも両立することが出来ています。

印象に残った仕事・理由

初めての現場では河川の整備を行いました。初めのうちは色々と覚えることばかりで大変でしたが、上司は常に余裕をもっていて、着々と仕事が終わっていくといった印象を持ちました。二回目の現場に入り、初めての現場と同じ作業を任せてもらえることになりました。実際に自分でやってみると作業手順は同じでも、場所によって高さの違いがあるなど見ているだけではわからないことがたくさんあり、緊張感も全然違いました。少しずつですが覚えたことをちゃんと実践でアウトプットさせてもらえて、それが形になっていくのが嬉しいですね。それぞれの工程にミスがあると工事全体が大幅に遅れてしまうので日々注意しながら作業を進めています。

仕事のやりがい

現在は、河川の整備をする現場で上司と2名体制で現場管理を行っています。仕事の流れは、まず上司から図面をもらって最初にどこから着手するか手順を考え、現場に行って高さや幅を測量機で測定し、図面通りにするための作業に入ります。職人さんたちと仕事を進めるのですが「今日はここまで頑張ろう」と毎日皆さんと目標を立てて、無事に1日分の工事内容を達成することがやりがいになっています。図面通りに現場が形になっていくのも実感できてうれしいですね。まだまだ分からない器具や工法がたくさんありますが、現場にいるのは自分よりベテランの方々ばかりなので様々なことを教えてもらえます。自分の知識も多くなっていき、とても充実した日々を過ごしています。

入社を考える人へのメッセージ

ページトップへ